[TaskChute]私がよく使う基本操作の紹介 – タスクの追加(複製)、実行編

TaskChute タスクの追加(複製)、実行編

平成25年合格の司法書士、島根の坂根(@sakane0958)です。

私の愛用するタスク管理ツールTaskChuteは、本当にいろいろな機能がありますが、その全ての機能を使いこなさなければならないわけではありません。
毎日使っていても、頻繁に使う操作とそうでない操作があります。

そこで、「これができれば、とりあえずTaskChuteが使えるようになるだろう」という操作を紹介してみます。

スポンサーリンク

1.タスクの追加(空行の挿入とタスクの詳細入力)

新規タスク追加

「新規タスク追加」コマンドから、カーソル位置に空行を挿入することができます。
私は「設定」シートで新規タスク追加に「Ctrl+J」を割り当てて使っています。

この空行に「Project」「Mode」「作業内容」「見積(HかMのどちらか)」の各項目を入力してやれば、タスクの追加完了です。

空行の複製

私は、TaskChuteの現在のセクションの下の方に、常に空行を何行か設けるようにしています。
割り込みタスクがあった際、すぐに入力ができるようにするためです。

最初に紹介した「新規タスク追加」は、原則一行ずつの追加ですが、今から紹介する空行の複製方法を使うと、いっぺんに好きなだけ空行を増やすことができます。

  1. 空行にカーソルを置く
  2. Shift + Space(行が選択される)
  3. Shiftを離さずに↓キーを複製したい数だけ押下(選択が複数行になる)
  4. Ctrl + +(テンキーの+キー)

テンキーが無い場合、最後の「Ctrl + +」は一般的な日本語キーボードであれば「Ctrl + Shift + ;」を押すことになります。

ちなみにこの方法は、はまラボの下記記事にて紹介されていた方法です。とても便利です。

TaskChuteの高速操作についてかなり詳しく説明してみた
この記事の”複数の新規タスクを高速で追加する。(例えば4つを2秒で)”を元にしています。

2.タスクの複製

タスクの複製は、未実行のタスクを作るという意味においてタスク追加と似た話なので、タスク追加の後に続けて紹介します。

タスクを複製するコマンドには「タスク複製」と「選択タスクを複製する」の2種類があります。それぞれ挙動が異なります。

私は「タスク複製」の方にショートカット「Ctrl+R」を割り当てて使っています(「選択タスク複製」の方は空欄にしています)。

ちなみに、上述の空行の複製も要は空のタスクの複製ですので、Ctrl+Rで空行を複製することもできます。

「タスク複製」の効果

リピートタスクを「タスク複製」で複製すると、リピート設定が外れます。

また、TaskChute上の完了タスクに対してタスク複製を実行した際、見積り時間より早く終わったタスクについては、「見積りと実績の差」が新たに複製されるタスクの見積り時間に入力されます。

例えば、30分の見積りタスクに20分取りかかったが、割り込みが入っていったん中断。
そのタスクについて「タスク複製」を実行すると、複製されたタスクの見積り時間には30-20=10で「10分」が入ります。

これは地味に便利な機能です。

3.タスクの実行

TaskChuteにおいては、開始時刻の入力及び終了時刻の入力でタスクを実行したことになります。

開始時刻の入力

Ctrl+Tで、選択タスクの「開始時刻」セルにカーソルが移動します。
さらにCtrl+Tを押下すると、直前のタスクの終了時刻が入力され、カーソルが終了時刻セルに移動します。

終了時刻の入力

Ctrl+:で、現在時刻を入力することができます。ちなみにこれは、TaskChuteの機能ではなく、元々Excelに実装されている機能です。

この時にCtrl+:の代わりにCtrl+Tを再度使うと、現在時刻でなく、見積り時間どおりに終わった場合の時刻を入力することができます。
後から遡って記録を入力する際など、はっきりした終了時刻がわからない場合に、この機能を使うことがあります。

リアルタイムで記録ができている時には、Ctrl+:だけで十分だと思います。

編集後記

TaskChuteを使い始める際、「まずTaskChuteにログを残すことから始めましょう」という慣れ方が推奨されています。
未来のタスクを管理し、見積りを立てたりするところにTaskChuteの妙味はあるのですが、いきなりそれをやろうとしても挫折することが多いからです。

上記で説明した「タスクの追加(複製)」「タスクの実行」ができるようになれば、まずはTaskChuteでログを取ることは問題無くできるようになると思います。
そこから少しずつできることを拡げていくと良いと思います。

関連記事

[TaskChute]タスクの順番変更の仕組み – 私が使い始めにつまづいたこと

私がTaskChuteを使い始めた頃に苦労した点を、丁寧目に説明した記事です。
各項目の役割、優先順位がわかってしまえば、どうということは無いと思います。

[TaskChute]TaskChuteの良いところ – そもそもTaskChuteってどんなツール?

TaskChuteの魅力を多くの人に知ってもらいたいと思って書いたTaskChuteの紹介記事です。
旧ブログで書いたTaskChute関連記事の紹介等もあります。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] この記事は「流れるような一日を」より転載しています。 […]