[Dropbox]Wappwofで写真を複数のクラウドサービスに転送する(その1)

1.Wappwolfの紹介

昨日の記事でWappwolfに触れましたが、まだまだメジャーなサービスでないことに思い至り、急遽Wappwolfの紹介記事を書くことにしました。

そもそもの発端は、クラウドサービスの写真管理と言えばPixelpipeが有名なようですが、Pixelpipeがいつまでたっても新規ユーザーを受け付けないことにありました。

Pixelpipe may be gone but it is not forgotten, get the complete summary and review of this great platform plus new alternatives to Pixelpipe.

ここに下記のように書かれているのですが、

We’re hard at work on a big service update & have closed new user registration.

私の英語解釈が間違っていなければ、今は新規ユーザーを受け付ける余裕がない、という表示だと思います。
状況が変わっていないか、ちょくちょくチェックしていますが、もう半年以上はこの状態ではないでしょうか。

さすがに他の選択肢を検討するべきかと重い腰を上げたのでした。

2.たまたまWappwofというサービスを見つけた

確かこちらの記事だったと思うのですが、Wappwolfというサービスを知り、使い始めました。

Dropboxに入れた写真が自動的にFacebookへ! オンラインストレージをめちゃくちゃ便利に活用する方法

Wappwolfそのもののサイトはこちらです。

時間が無くなってしまったので、明日自分の構築した環境等を書きたいと思います。
少しとっつきにくいツールかな、と思います。

[この記事の執筆にかかった時間 30分]

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク