[Kindle読み上げ]iPhoneでKindle本を聴く方法、読み上げできない本の見分け方

島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。

最近Kindleの積ん読消化が捗っています。
Kindle本を読むのが楽になったから。
シンギュラリティは近い」とか「サーチ・インサイド・ユアセルフ」とか「スーパーベターになろう!」とか消化しました。
それもこれも、これから紹介するiPhoneの画面読み上げ機能のおかげです。

スポンサーリンク

iPhoneの基本機能でKindleの読み上げができる

iPhone・iPadの電子書籍アプリ、Kindle(キンドル)の文章を音声読み上げさせる方法をご紹介します。これを使えば今までの読書生活が一変するほど便利な機能です。

↑こちらの方の記事に詳しいですが、簡単に手順を説明しておきます。

iPhoneの読み上げ機能の簡略解説

1.iPhoneの設定

設定 → 一般 → アクセシビリティ → スピーチ → 画面の読み上げ:ONにする

↓一般

↓アクセシビリティ

↓スピーチ

↓画面の読み上げ:ONにする

2.Kindleで文字サイズを最小にする

後述しますが、ページの切り替わりで読み上げが途切れるので、1ページにできるだけたくさん文字が入るようにしておくと「途切れ」を最小限にできます。
文字サイズを設定しなくても、読み上げは使えます。

↓電池の持ちが気になる場合、Kindleアプリ内の輝度を下げることもできます。

3.二本指で上から下へスワイプ(読み上げ開始)


二本の指(例えば中指と薬指)で、画面上部から下に向けてスッとスワイプすると、読み上げが始まるはず。

読み上げできないKindle本の見分け方

Kindle読み上げで聴こうと思って買ったのに、買ってみたら読み上げできないKindle本が存在します。
何冊かダメな本に当たるうちに何となくダメそうな本のパターンがわかってきたりもしますが、例えばこの本なんかは活字ベースの本ぽいので、読み上げできそうな気がするのですが、実際には読み上げができません。がっくり。

この可否を確実に見分けるには、本の「登録情報」の中の「Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能)」を確認すれば良さそうです。

読み上げ可能な場合

Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効

読み上げNGな場合

Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。

編集後記

元々は2017/3/18に公開した[読書]kindle本のiPhone読み上げとaudiobook.jp(旧:Febe)の比較の冒頭に置いていた文章をこの記事に切り出しました。
前半と後半でそれなりにボリュームがあり、伝えたいことも分かれていると感じたためです。
Kindle読み上げができない本の見分け方については、今回加筆しました。

関連記事

[読書]kindle本のiPhone読み上げとaudiobook.jp(旧:Febe)の比較

Kindle読み上げにはいろいろ至らない部分があるのだけれども、audiobook.jpよりもKindle読み上げに惹かれる自分がいる、その理由を考えてみました。

[Taskuma]パソコンからたすくまへタスクを送り込む手順

たすくまだけのために2台持ちをしていた時期がありました。その時代に書いた記事。
当時は「もう2台持ち体制に戻ることはないだろう」と思っていましたが、Kindle読み上げのためにまさかの2台持ち復活。
遊んでいたiPod touchが活用されるようになったのは、良いことかもしれません。

[読書]ファスト&スローを読み始めました – 司法書士はシステム2のみをフル稼働させるべき仕事か?

根が怠け者なので、システム1とシステム2のせめぎ合いを興味深く読みました。
ファスト&スローは、真面目に読まなくても心理学の読み物としても大変面白い本です。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする