著者のこと

スポンサーリンク
blog

場面緘黙症とブログでの発信について

場面緘黙症のことを外から見る人にとっては、 場面緘黙症の症状とブログでの発信は矛盾する行動のように見えるのではないか。周りから見ていてわかりにくいだろうと推測するのは「話したくないから話さないのではなく、話したいことはあるけれども話せないの...
JC

場面緘黙症と江津JC

自分のことをリアルでも知っている人が前回の記事「ああ、僕は場面緘黙症だったのか、と知ってラクになった話」を読むと「その場面緘黙症なるものの当事者が、JCの世界に適応できるとは思えない」と感じるのではないかと思った。何なら「社会的強者のくせに...
場面緘黙症

ああ、僕は場面緘黙症だったのか、と知ってラクになった話

2021年1月27日のこと、他のことを調べていてたまたま「場面緘黙症」という言葉を知った。これはもしかして自分にも関係することでは?と思いながらWebの情報を漁り、当事者の体験記をいくつか読むうちに「この人達の体験したことは、ほぼ自分のこと...
著者のこと

音楽って不思議

島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。 音楽、僕はあまり詳しい方ではないし、人生において音楽の占める割合ってそんなに大きくないと思っていたけれども、ふと外に出してみたくなったので今日までの音楽遍歴を書いてみる。 POISO...
著者のこと

鹿の王 – 上橋菜穂子の2015年本屋大賞受賞作

島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。「鹿の王」という小説の紹介です。 鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐ posted with ヨメレバ 上橋 菜穂子 KADOKAWA/角川書店 2014-09-24 Am...
著者のこと

魚を捌けるようになって、食の選択肢が拡がった話

島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。前々から「丸の魚を捌けるようになったらいいだろうな」と思っていました。2015年7月に1匹目に挑戦してみてから、素人なりに目的は達せられる程度には捌けるようになったので、今日はそんな話を。...
著者のこと

私の価値観に大きな影響を与えたマンガ、ゲームの紹介 – ゲゲゲの鬼太郎、真・女神転生、寄生獣

島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。若い頃に私が大きな影響を受けたマンガ2作とゲーム1作をご紹介します。ゲゲゲの鬼太郎 「どうにかなるさ」 ゲゲゲの鬼太郎との関わり 就学前から小学生くらいの間に、マンガのゲゲゲの鬼太郎を...
著者のこと

獣の奏者エリン – 大人が読んでもハマる小説、「21世紀のハイジ」を目指したアニメ

NHKアニメワールド:獣の奏者エリン 島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。 私のお気に入り、アニメ化もされた小説のご紹介。 著者の上橋菜穂子さんは近年受賞続きなので、名前を見たことがある方...
著者のこと

[読書]「内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力」を読みました


著者のこと

[女神転生]Android版「真・女神転生」のTips

当初SFC版で発売され、その後PS版やGBA版などに移植されている名作の誉れ高い真・女神転生ですが、最近の機器ではAndroid版も出ています(iOS版もあります)。   私はSFC版を発売当初にプレイしました(中学生くらいだ...
著者のこと

[夫婦]私の結婚観・お見合い結婚の是非について


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました