[Dropbox]マスターマネーをクラウド家計簿にする

1.記事を書くきっかけ

単純作業に心を込めてさんのこのような記事を見たので、私も自分の環境を記事にしてみることにしました。

 

Let’s 家計簿を、Dropboxを使って、クラウド対応家計簿として使う(非公式・自己責任) » 単純作業に心を込めて

 

大きな枠組みとしては、単純作業に心を込めてさんと同様ですので、独自部分のみ書いてみます。

 

2.マスターマネーという家計簿ソフトを使っています

マスターマネー6

 

以前は家計簿マムというソフトを使っていました。家計簿マムに不便を感じたのは、そのマウス使用を前提に作られたインターフェース。パソコン初心者向けには直感的で優れていると思いますが、キーボードだけでガシガシ入力してしまいたい人間にはストレスでした。

 

それから乗り替えたマスターマネーの良いところは、キーボードだけで入力ができること、CSV等のインポート、エクスポートができることです。

 

ちなみに不満もあります。

 

Alt+Tabで画面の切替をした際に、カーソル位置が移動してしまうという問題(どうも私のAlt+Tabの押し方に問題があるようです)が不便なのですが、家計簿ソフトとして必要な機能は一通り備えた高機能なソフトだと思います。

 

3.タスク管理アプリ→Evernote→家計簿アプリと連携させる

(1)Dropboxのパスを各PCで合わせる

私の場合は各PCにて「C:\Shared\Dropbox」と設定しています。ここに家計簿のデータを置くことによって、同一のショートカットを各PCで使い回せるようになります。

 

(2)家計簿作業用のノート(Evernote)を用意する

(3)ショートカットを上記ノートに貼り付ける

具体的内容は下記のはまラボへの寄稿記事に詳しく書いています。

Evernoteにリマインダ設置!RTMを連携した@neunz19 の使用例
Toodledo等のタスク管理ツールのタスクから、流れるように家計簿入力を始められるようになり、取りかかりがスムーズになります。

 

[この記事の執筆にかかった時間 30分]


関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク