[Ingress]Darsana広島で得たもの

2014年12月にIngressの2周年を記念したDarsanaというイベントがありました。

日本では東京がメイン会場(2014年12月13日14:00~20:00)、その前哨戦みたいな形で私の地元も対象地域の一つに。
島根県西部を含む広島エリアが2014年11月10日午後6:00から11月18日午前 1:00まで、アディショナルセルという指定を受けました。

私は日常のプレイ範囲を越える活動はできず、戦局に関わるような動きは全くできなかったものの、イベントから学んだことを紹介してみます。

ちなみに私はEnlightened(緑)所属です。

スポンサーリンク

アディショナルセルでのルール

東京での本戦は特殊なルールだったようですが、アディショナルセルでのルールは通常の陣取りルールと同じ。
つまり、計測期間の間に地域で多くのMuを稼いだ方が勝ち。
そういう意味では通常どおりのプレイをしていれば、自然とイベントにも貢献しているはず、という形でした。

このアディショナルセルでのルールのおかげで、Ingressのルールを再認識できた面が大いにありました。

チェックポイント間際の攻防

それまでの私のIngressプレイスタイルは「AP稼げればいいや」というものでした(当時まだLevel8に達していなかったのも大きい)。
どうすれば一番多くCF作ってAPが稼げるか?」それを念頭においていました。

しかし、この度のイベントを通じて、獲得MUを意識するようになりました。
そして、獲得したMUは5時間ごとのチェックポイント(CP)を通過しないと陣取りゲームのポイントになりません。
このCF、何時まで保てばポイントになるかな?」ということを考えるようになりました。

ウイルスが戦局に与える影響

劣勢だったEnlightened陣営がResistanceに一泡吹かせてやろうと、広島市内をすっぽり囲うCFを作ったことがありました。

Screenshot_2014-11-15-22-43-57

CPまで少々の時間を残してCFは完成したのですが、CPの1分くらい前に頂点ポータルの近くに潜んでいたResistanceエージェントにADA Refactorを使用されてしまいます。

これによりCP直前でCFは消滅。
これは敵の方が一枚上手でした。

今後のため、ウィルス反転対策を整理してみようと思いました。
この記事の中で書くつもりでしたが、少々ボリュームも出てきたのでこれは別記事にしてみます。

島根と広島では戦の規模が違う

島根県西部も一応エリア内ではあるものの、人口密度が全然違うので、MU効率もかなりの開きがあります。
敵も味方も広島市内に注目していました。
さらに言えば、ポータル数、エージェント数ともに比較にならないので、これは仕方ありません。

実際、島根西部はEnlightenedの緑一色だったにもかかわらず、期間中ほとんど島根へのアタックは無し。
そして、それでも大勢には影響していなかった様子。

私はなかなか地元を離れた遠征はできないので、島根に居ながらにして戦局に影響を与えようと思ったら、普通にプレイしていてもダメで、何か考えなければ、と思いました。

編集後記

【MMMMORPG】Ingress攻略(Wiki風味)【大規模社会実験】: #Darsana Global 結果発表
”日本で開催された AS15-SIERRA-15 鹿児島 AS16-SIERRA-13 広島のCELL共にResistanceが勝利したようです”

結果としては、広島市内で優勢を誇るResistanceの勝ちでした。
しかし、Enlightenedも様々な教訓を得たイベントだったと思います。

ちなみに、前哨戦では負けましたが、本戦の東京ではEnlightenedが勝利しました(負け惜しみ)。
しかし、人数で劣るEnlightenedが本州を覆う巨大CFを維持して最終的に勝利した経過は、歴史に残るものだったと思います。
今後は双方、巨大CFを念頭に置いて戦略を考えるようになるのでしょうね。

関連記事

[Ingress]ガーディアンの都 江津市へようこそ – ENLならプラチナ、オニキスも? | 流れるような一日を

Darsana広島では完全に脇役、おまけ程度だった私の地元「江津市(ごうつし)」ですが、ガーディアンとなれば話は別です。
エージェント数に比してポータル数が多いので、のどかなIngressが繰り広げられています。
ガーディアンも獲りやすく、私ともう一人、ガーディアンオニキスホルダーがいます。
海あり、山あり、川あり、細い道路あり。
様々なポータルがあなたの来訪を待っています。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする