Windows Live Writerでbrタグとpタグを使い分ける方法

1.普通に改行するとbrタグでなくpタグで改行処理される

私はWindows Live Writerでブログを書いていますが、文末で改行しようとEnterキーを押すと、文末に<br/>でなく、段落を<p></p>で囲うことにより改行処理がされます。
見た目はほぼ変わらないので、単純に文章を読んでもらうだけなら支障無いことも多いのですが、場面によっては不便を感じることがありました。

調べたところ解決策がわかったので紹介します。

 

2.困る場面:引用文の枠が分かれる

特に困っていたのは引用文を扱う際です。下記のように、WindowsLiveWriterがpタグで処理したままに任せると、ぶちっと切れてしまうのです。

 

pタグでの

引用文の処理の例

 

本来は下記のbrタグで処理した例のように同じ枠の中に入って欲しいところですので、ソースを手作業で編集して処理していました。

brタグでの
引用分の処理の例

3.解決策

パソコンを便利に!!
”◆ 改行は[Shift]+[Enter]です。”

上記のサイトで知りました。明示的に<br/>で改行したい時にはShift+Enterで改行すれば良いようです。

 

4.編集後記

チマチマしたソースの編集作業に時間を取られることが無くなり、引用文を扱うのがラクになりました。

 

Shift+Enterについては、そういえばWord等でも似たような改行の使い分けがありましたね。見た目には差が無くても、機能に差があったりするものですね。


関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク