[フォートナイト]複数PCのリプレイデータをDropboxで一括管理する

複数台のPCでフォートナイトをプレイしている場合、リプレイデータがそれぞれのPCに分散してしまう。他のマシンのリプレイは見られないし、アプデの後の古いリプレイデータの削除も、各マシンごとに作業が必要となる。

Dropboxで一括管理できないかと挑戦してみたところ、うまいことできたので手順を紹介する。

なお、シンボリックリンクという機能を使うが、Dropboxはシンボリックリンクの利用を推奨していないし、EPIC Gamesもこのような使い方は想定していないと思うので、何が起きても一応自己責任で。

スポンサーリンク

仕組み

シンボリックリンクはWindowsの基本機能で作れる。追加のソフトなどは不要。

ざっくりしたイメージとしては、Dropbox内にデータを置いて、元々の使うべき場所にはそのデータへのショートカットを置くような感じ。アプリからそのショートカットを触ると、あたかも元々の使うべき場所ファイルがあるかのようにDropbox内のデータに繋げてもらえる。

コマンドプロンプトからコマンドを入力したりするが、慎重にやりさえすればそんなに大変なことはない。

具体的な手順

  1. プレイデータを置くDropbox上のフォルダを決める。(最下層は「Demos」が無難)
  2. フォートナイトを起動して、キャリア→リプレイ→「リプレイフォルダを開く」よりリプレイフォルダのパスをGetする。
  3. シンボリックリンクを作るためのコマンドを組み立てる(詳細は後述)
  4. Demosフォルダを最初に決めたDropbox内の場所へ移動させる
  5. スタートメニュー→Windowsシステムツール→コマンドプロンプト(右クリック)→その他→管理者として実行
  6. 3.で組み立てておいたコマンドを実行
  7. フォートナイトのリプレイにて、リプレイが表示されれば成功(Dropbox内へ移したはずのリプレイデータに、今まで同様にアクセスできればOK)

【詳説】3.シンボリックリンクを作るためのコマンドを組み立てる

という形のコマンドをメモ帳の上で組み立てる。

具体的にはこんな感じ。

前者のフォルダパスは「リプレイフォルダを開く」よりコピペしてくればOK。
後者のフォルダパスは自分でDropbox内の任意のフォルダを選べば良い。

編集後記

過去にブログの下書きをクラウドで同期するために似たような仕組みを作ったことがあり、それと似た話なのでうまくいくかも?とは思っていたが、思った以上にすんなり実現できた。

リプレイデータが他のPCでは動かないのでは、という不安も少しあったが、リプレイデータのフォーマットはシンプルにできているのか、他のPCで記録したリプレイデータを他方から閲覧することができた。

関連記事

[フォートナイト]eGPUを使えばノートPCにもグラボを増設できる

ノートPCでフォートナイトをプレイしていて、グラボのスペック不足がネックになっている方は参考になるでしょう。紹介している商品は物理的にかなりデカいので置き場所は要検討。

[フォートナイト]初心者から「人並み」になってみての勘どころ

勘どころにリプレイの話は書かなかったけれども、自分のプレイを見返したり、やられた時に敵からどう見えていたのかなどを相手視点で確認すると、上達に繋がると思う。

余談:Dropboxでシンボリックリンクが使えなくなる?

「Dropbox シンボリックリンク」でググると、Dropboxでのシンボリックリンクの挙動が変わった、という情報がヒットする。

シンボリックリンクを使用して、Dropbox アカウント内外に保存されているファイルを参照できます。Dropbox でシンボリックリンクを使用する方法と、一般的な問題の解決方法をご覧ください。

2019 年半ばをもって Dropbox では、シンボリックリンクでリンクされた、Dropbox アカウント以外の場所のアイテムは同期されなくなりました。

この言い切り方↑に少々ドキッとするんだけど、その後をきちんと読むと、Dropbox内にマスターデータを置いてDropbox外からそれを参照するような使い方であれば問題は生じないと思われる。

Dropbox アカウント内のアイテムにリンクするシンボリックリンクを作成した場合、シンボリックリンク ファイルとリンク先のアイテムがそれぞれ同期されます

実際、2020年12月27日現在でもリプレイデータの相互参照は機能しているので大丈夫でしょう。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする