[Evernote]添付ファイルの脱落、反映漏れへの対応

つい先ほど、添付ファイルの復旧をしたところなので、忘備録を兼ねて記事にしてみます。

 

1.添付ファイル機能の概要

Evernoteの添付ファイル編集時の動作は、いったんローカルに保存したファイルをOSの機能で開き、編集作業終了をEvernote側で検知してファイルを更新する、という形になっています。

 

下記の記事に詳しいです。

 

Evernote 添付ファイルの仕組みと応用(nanapi)

 

2.問題の所在

私はExcelでよくトラブルになるのですが、変更したはずの内容が反映されていない、Excelファイルが脱落する(今朝初めて遭遇)、というトラブルの経験があります。

 

必ず発生するわけでは無く、そもそもExcel特有の問題なのか、他のアプリでも起こり得ることなのかは不明です。

 

補足:アプリケーションの関連付けについて

なお、ファイルを右クリックから「アプリケーションを指定して開く」で開くと編集結果が保存されません(もしかしたらEvernoteクライアント側で対応済みかもしれませんが、少なくとも以前はそういう動作でした)。

 

デフォルトのアプリケーション以外で編集したい場合は、アプリケーションの関連付けを変更してやる必要があります。

 

3.問題への対応

上記記事にも出てきた「Attachments」フォルダからファイルをコピーしてきてやると、編集後の添付ファイルが回収できることがあります。

 

「Attachments」フォルダの探し方は、オプションから「データベースフォルダを開く」から辿ると早いと思います。

「Attachments」フォルダデータベースフォルダ内にあります。

 

今朝見たところでは、ほぼ全ての添付ファイルに「.backup」という拡張子が付加されていました(以前は素のファイルが置いてあった記憶があります)。

 

更新日時でソートして目的のファイルを探し出し、拡張子を直してみると、お目当ての編集後のファイルを取り戻すことができたのでした。

 

4.残念ながらうまくいかない時もあった

今朝のケースは運良くファイルの復旧に成功したのですが、以前経験したケースでは最後の編集結果が残っておらず、途中の変更までしか取り戻せなかったこともありました。

 

複数回の編集をした際などに、ファイル名の重複を避けるための処理と思われますが、ファイル名に[1]や[2]が付加されてファイルが開くことがあります。

 

この処理の周りが怪しそうだな、と個人的には思っています。

 

対応策としては「添付Excelファイルを保存したら、反映されたか再度開き直して確認する」というアナログな対応をしています。

できるだけ早い段階で気付いた方が、傷が小さく済みます。

 

[この記事の執筆にかかった時間 40分]


関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク