PDFは右クリックでWORDにできる(Word2013以降)

スポンサーリンク

Word2013以降のWordはPDFを編集できる

見出しのとおり、PDFファイルをWordで編集できる時代になっています。
手順としては、PDFファイルを右クリック→プログラムから開く→Word2013とか、Wordのファイルメニューの「開く」からPDFを開くとか。

ScreenClip

完全互換というわけではなく、一生懸命PDFを解釈してWordで編集できる形にしているようです。

ScreenClip

紙を物理的にスキャンしたようなPDFはおそらく画像として取り込まれるので、あまり嬉しい形になりませんが、ソフト的にPDFに出力したようなPDF(テキストがコピペできるPDF)はそれなりに編集できる形になります。

PDF→WORD→Excelで表をExcelに取り込むことも可

PDFファイルの表をエクセルに取り込んで利用したい、なんてこともありますよね。エクセルでは直接PDFファイルを読み込むことはできませんが、Adobe Acrobat Proなどの専用アプリを使えば取り込むことが可能です。また、ワードを介してエクセルにデータを取り込むという方法もあります。

表組みを含むPDFをExcelで開こうとしてもうまく変換してくれませんが、Wordだと表として取り込んでくれることが多いです。
Wordの中に触れる形で出てきた表をコピーしてExcelに取り込んでやれば、編集可能な表として取り出すことができます。

編集後記

私も長らくPDFって融通の利かないフォーマットだと思ってました。発見した時は目から鱗。
この発見についてTwitterでつぶやいたところ、結構反響があったので改めて整理してみました。

ちなみに、自分史上一番いいねがたくさん付いたツイートだと思います。

関連記事

[読書]Kindle読み上げによる乱読が楽しい

司法書士や司法書士会の活動についてのご紹介。司法書士は使える法律の知恵と等身大のアドバイスをご提供します。

例えばPFDで読めるこの月報司法書士↑を目で読むのでなく、Kindle読み上げを使って耳で聴きたいときにもPDFのWord変換は使えます。
PDFからWordに落とせば、必要なところだけ切り出したり、Kindle読み上げに適した形に整形したり、いろいろできるので便利です。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする