[クルマ]家庭用コンセントが使えるようになるインバーターが意外にお手軽だった件

スポンサーリンク

1.セルスターのHGU-150というインバーターを買ってみました

クルマで外出すると、子供達がそのまま昼寝してしまって、そのまま車内で寝かせることがあります。
今までそういう時間は読書やスマホに使っていたのですが、せっかく静かに一人で作業できる時間なので、可能ならブログ書いたりしたい。

ノートPCくらいの電源ならシガーソケットからの電力でいけるんじゃなかろうか、と思ってこの度そのための機器の購入を検討しました。

いくつか注意点はありましたが、値段もそれほどせず(地元のイエローハットで2,980円)、使い方も簡単。
もっと早くに検討すれば良かったと思いました。

2.注意点

12V用と24V用がある

クルマのバッテリーの種類によって、購入すべきインバーターが異なります。
ウチのクルマはブルーバードシルフィとフィットですが、どちらも12Vのバッテリーを搭載していました。
クルマのマニュアルや、バッテリー本体を見れば確認できると思います。

24Vは4DWのクルマ等で使われていることが多いようです。

インバーターごとに使える家電の範囲が異なる

店頭には複数種類のインバーターが売られていますが、供給できる電力に差があります。
大は小を兼ねるようですが、その分価格も高くなっていきます。

webで見易い一覧表を探してみましたが、良いものが見つからなかったのでパンフレットのスキャンを載せておきます。

Inverter-compare

また、私の場合はノートPCを想定していたので、あまり関係しませんでしたが、最大消費電力が定格電力より大きくなるような機器には注意する必要があるそうです。

セルスター工業株式会社|DC/ACインバーター ご購入ガイド
”最大消費電力には注意が必要です!”

 

シガーソケットだけで給電できるタイプと、バッテリーへの配線が必要なタイプがある

多くの電力を供給できるタイプは、シガーソケットだけでなく、バッテリーにも配線を繋ぐ必要があります。
上述のとおり大は小を兼ねるものの配線は面倒なので、シガーソケットだけで済むタイプを私は選びました。

編集後記

使わない時はダッシュボードに収まるくらいの大きさなので、需要があれば一つ買っておいて損は無いと思います。
長年クルマ社会にいて、何故今まで欲しいと思わなかったのか不思議です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする