[TaskChute]使い始めにつまづいたこと

TaskChuteとは

TaskChuteとは、私の愛用しているタスク管理ツールの一つです。

TaskChuteへの思いなど、書きたいことは山々ありますが、今回はTaskChuteを使い始めた初心者に向けた記事を書きたいので、TaskChuteをご存じない方への紹介は下記のリンクにて替えさせていただきます。

タスク管理ツール TaskChute2(タスクシュート2)

この記事の対象者

TaskChuteを使い始めてすぐ~数週間程度の初心者の方。
ちなみに、まずは公式スタートアップガイドと、TaskChute公式エバンジェリストのはまさんのまとめを読むことをオススメします。

TaskChute スタートアップガイド(PDF)

TaskChuteまとめ(はまラボ)

時間があれば、動画マニュアルを順に見ていくのも発見があると思います。

TaskChute動画マニュアル

1.並び替えができない

では、私のつまづきポイントを順に解説していきます。

まず困ったのは、書いてあるとおりにしているつもりなのに、思うように並べ替えができないことでした。
私がはまったポイントは主に2つありました。

(1)Modeだけ入力し、Projectを空欄にしていた

並び替えを実行した際、Projectが空欄のタスクは特殊な挙動をします。
それを知らずに、Modeだけを設定し、Projectはおいおい考えればいいか、と思っていたのが原因でした。
「□→月日→Noの順」に並び替えられるはずなのに、、、、としばらくここではまっていました。

(2)No又は節内ソートを変更しても並び替えで並ばない

本日のタスクと、翌日以降のタスクは並び替えのキーが異なります。

本日のタスクは「□→月日→No」、翌日以降のタスクは「□→月日→節内ソート順」で並び替えが実行されます。

このことを知らずに、本日のタスクで節内ソート順を変更したり、翌日以降のタスクでNoを変更したりして、おかしいな、と思っていました。

2.タスクを完了させるとNoが「x061714」とか表示される。

振り返ってみると、これは異常でも何でもなくただ単にそういう仕様だったという話でした。

しかし、上記の並び替えに四苦八苦していたころは、「セルの数式を壊してしまったのだろうか」とクリーンなTaskChuteにデータを取り込み直したりしていました。

大橋さんのテストデータでタスクを一つ完了させてみれば、すぐにわかっただろうにね、と今になっては思います。

3.「見積M単」を変えても、「見積H単」が更新されない

これは、複数タスクの「見積M単」にコピペで見積り時間を貼り付けた際に、並べ替えをしたら「見積H単」が再計算されるだろうと思っていたのに、再計算されなかった事象です。

見積は、MかHのどちらかを入力すると他方が再計算されるので、貼り付けた方の各セルを順にF2で編集、確定してやると再計算されます。

4.やっていいことと悪いことがわからない

これは使い始めて今日(2012年10月28日)で4ヶ月少々ですが、未だに少しずつ事例を集めながら、やっていいことの範囲を広げている感じです。
例えば、「TaskChuteの高速操作についてかなり詳しく説明してみた(はまラボ)」で紹介されているように、行を選択してコピー挿入することはやっていいことです。

逆に、タスクの削除はメニューからやるのが無難です。「末尾の行」以外は、エクセルから普通に行の削除をしても問題無いらしいですが、「末尾の行」をエクセルから行削除して並び替えを実行すると、TaskChuteが壊れるそうです。

原則はTaskChuteのメニューからタスクの操作を行い、先人達の実績があるテクニックについては少しずつ取り入れながら、効率的な操作を目指していくのが良いかと思います。

 

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク