[Evernote]マージのデメリット

1.Evernoteのマージ機能

Evernoteには、複数のノートを一つのノートにまとめられるマージという機能があります。
大変便利な機能で私もよく使っています。

そのメリットはいろいろなところで紹介されていますが、デメリットが紹介されることが少ないと感じているので、デメリットを中心に書いてみたいと思います。

2.マージのデメリット

デメリットは大きく3つあると思っています。

(1)ノートリンクアドレスが変わる
(2)ゴミ箱から削除した後は復元不能
(3)1ノートのサイズが大きくなると、モバイルからの参照が不便

(1)ノートリンクアドレスが変わる

例えば、2つのノートをマージすると新たな1つのノートが作成されます。
元々の2つのノートはゴミ箱に入ります。
作成されたノートは新たなノートリンクアドレスが振られます。
元々のノートのノートリンクアドレスをクリックしてもマージ後のノートに飛んだりはしません。

つまり、マージ前のノートのノートリンクアドレスは参照先を見つけられなくなります。
ノートリンクを多用するノート管理スタイルにおいては、マージは気軽にすべきではない行為と言えます。

(2)ゴミ箱から削除した後は復元不能

マージ直後には、マージ前のノートもゴミ箱に残っています。
ゴミ箱にノートが多数貯まってくると、トラブルの原因になることがあります。
そのような理由からゴミ箱を空にすると、それ以降は復元はできなくなります。

(3)1ノートのサイズが大きくなると、モバイルからの参照が不便

パソコンからEvernoteを参照する際には少々ノートのサイズが大きくなっても支障はありませんが、調子に乗ってたくさんマージしてしまうと、モバイルから参照する際に時間がかかったりします。
モバイルでも負担のかからないサイズになるよう、マージするノートのファイルサイズには気をつけるようにしています。

3.マージの利用は計画的に

私はinboxに入って来たノートをそれぞれ適切なノートブックに振り分ける前に、マージすべきノートについてはマージしてから移動させるようにしています。

ひとまとめで扱いたいが、マージできない事情があるノート達については、ノートリンクをまとめて取得し、それぞれのノートに貼り付けておくことで、それぞれがひとまとまりのノートであることを示すようにしています。

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク