キーホルダーに付けられる靴べら(シューホーン)の紹介

1.革靴を大事に履くなら靴べらを使いましょう

私は学生のころはスニーカーしか履かなかったので、靴べらの存在意義など考えたこともありませんでした。

 

しかし社会人になり、仕事着はスーツ、靴は革靴の生活を送るようになりました。定期的に革靴の手入れをするようになると、長く上手に履きたいと思うようになってきます。

 

革靴を大事に使うには、履く時にちゃんと靴べらを使うようにした方が良いです。

 

2.保育園での送り迎えで革靴を脱ぎ履きする際にあると便利

保育園の送り迎えは主として私の役割なのですが、2歳の娘の朝の準備、夕方のお迎えのため、朝晩室内に上がる必要があります(3歳児以降は、ほとんど上がらずに済むようになるのですが)。

 

この際に、キーホルダーに付けられるミニサイズの靴べらがあるととても便利です。

1050円とリーズナブルで、見た目も悪くないので、気に入っています。

商品写真にもチョロッと見えていますが、革の紐が附属しているので、キーホルダーに簡単に追加できます。

 

ちなみに自宅玄関にはこの靴べらを置いています。

こちらも1000円台でリーズナブル。 履く時にかがまなくて済むのが良いです。

 

3.保育園に靴べらが常備されたら素敵だけど

これはこの靴べらを買うことを検討した際に頭をよぎった夢想の話です。

 

時代が変われば変わるのかもしれませんが、うちの保育園では当面靴べらが置かれそうな雰囲気はありません。

 

送り迎えも8割方お母さん方が占めているので、保育園にそういう配慮を求めるのも変だよなぁ、という気がしています。

 

革靴のお父さん方も、あまり靴に気を遣っていない印象を受けていますし。

また、お父さん方も全てが革靴を履く方ばかりでもありません。

 

やはり自分で対応するのがスマートかな、と思いました。


関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク