[資格勉強]ポモドーロで勉強時間を増やす

1.ポモドーロテクニックとは

私は下記の@jun0424さんの書籍で知ったのですが、「25分集中して5分休むサイクルを繰り返しながら作業を行う」という集中テクニックです。

 

 

そんなことで効率が上がるのか?と思うかもしれませんが、私は効果のあるテクニックだと思っています。

 

2.ポモドーロ導入によるメリット

(1)勉強にとりかかるハードルが下がる

休憩を端折るとすれば最低25分あれば1単位できるわけですから、ちょっと空いた時間があれば、「1ポモドーロやるか」という気持ちにもなれるわけです。

 

私は平日の朝と昼休みに1ポモドーロずつ過去問をやることにしていますが、これをそれぞれ1時間確保しようと思ったらなかなか継続できなかっただろうと思います。

 

(2)終わりが見えていると集中できる

いったんポモドーロに突入してしまうと、「あとX分で終わるんだから、その間はがんばろう」という気持ちになれるものです。

 

私はメールやtwitterの通知が鳴っても、ポモドーロが明けてから確認しよう、と自分ルールを決めています。

 

また、たくさん間違えた答練(模試)の復習などは、理性では「時間が空く前に復習しよう」と思う一方、答練を受けた後の疲れ切った頭で一気にやり切るのが難しいことも多いです。

 

そんな時も、1ポモドーロずつ切り崩していこう、と考えて進めていくことができれば、その日のうちに消化できたりもします。

 

(3)結果として勉強時間が稼げる

私は勉強は質云々よりも、まずは勉強時間をたくさん確保していくことが最重要と思っています。

 

そして、勉強時間の確保の最大の敵は、自由時間の中でその自由時間を勉強に充てるかどうかを判断する自分の心だと思っています。

 

勉強に取りかかるハードルが低くなった分、たくさん勉強時間が取れるようになることはとても大きなメリットであると感じています。

 

3.ツールの紹介

純さんの書籍では、「Pomodoro Time Management」「Concentrate! timer」というiPhoneアプリ、「TimerTab」というWebタイマー(パソコン用)が紹介されていました。

 

私はAndroidユーザですので「pomodroid」というAndroidアプリを使っています。

Pomodroido: A Pomodoro Timer

制作: Flying Signals
価格: 無料
平均評価: 4.5(合計 1,190 件)

posted by: AndroidHTML v2.2

 

カチカチと音が鳴らせるのと、こなしたポモドーロ数によってLevelが上がる機能があるという部分にひかれて使い始めましたが、途中で音が鳴らなくなったりします。

 

ほかに良いアプリがあれば乗り替えたいな-、という思いを抱きつつ、とりあえず25分と休憩が管理できれば十分なので使い続けています。

 

なお、アプリの選択肢はたくさんありますので、お好みのものを探してみるのも良いと思います。オススメのものがありましたら教えて下さい。

 

[この記事の執筆にかかった時間 40分]


関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク