[司法書士試験]競争試験だから、大多数が解けない問題は解けなくても大丈夫

タスク管理
photo credit: bgill02 via photopin cc

島根の司法書士、坂根(@sakane0958)です。
twitterのタイムラインを見る限りでは、今年(2014年)の司法書士試験は難しかったようですね。
信託だとか、合同会社の設立だとか。
自分が受験生だったら、誰に言われようとも「出るわけが無い」と考えたであろう分野です。

「自分は去年受かって本当に良かった」と思ったわけですが、そんなことを書くために記事を書き始めたわけではありません。
今年の記述問題のようなとびっきりの変化球を、どう捉えるか、という話を書きたいと思います。

自分が解けない問題はみんなも解けないはず、と早々に開き直れるかどうか

これは予備校の講師もよく話す内容だと思うのですが、「解けない問題が出た」と思って舞い上がったら負けパターンです。
司法書士試験は、得点の絶対値で合否が決まる試験ではなく、足切りを乗り越えた上で上から順に合格、という試験です。
どんなに点数が低くても、他の人より勝っていれば合格できるし、逆もまた然り。

ツイートがプライベートになっているので詳しく書けませんが、私の同期の一人も「記述の基準点が低くなるか、採点が甘くなるのではないか」と推測しています。私も同感です。
慌てず騒がず、「誰もが得点するであろう問題」を落とさず、難しい問題は部分点を確実に狙いに行く、冷静にそういう判断ができるかどうかが、今年の試験では問われたのではないでしょうか。

パニックにならないことは実務でも必要なスキル

司法書士の仕事は忙しい時は次から次へと新規の仕事が重なってきたりして、「さばき切れないのでは?」とパニックになりそうになることもあります。
でも、そういう時こそ冷静に優先順位を決めて、一つ一つやることが大事なのです。
人間、一度に一つのことしかできません。

限られた時間の中で自分の最大限のパフォーマンスを発揮すること、司法書士試験は実務家登用試験の一側面として、それを要求しているのではないでしょうか。
出題者は、ほとんどの受験生が動揺するような問題を出し、その動揺を乗り越えた受験生の中で競わせようとしているのかな、と思いました。

時間って魔獣みたいなものだと思う

午後試験の3時間という限られた時間。
自分に最適な時間配分を研究し、時間切れを起こさず、パニックにならずにバランス良く時間を使えるようになったら、時間を味方に付けた、と言えると思います。

必ずしも、完全に飼い慣らせなくてもいいと思うのです。
ある程度、飼い慣らせて、かみつかれない程度でもいいので、飼い慣らす努力をすることが大事だと思います。

ただ、暴れるままに任せておいたら、自分の本来の実力を発揮することも難しいのではないでしょうか。
時間の不足は、すぐに「不安」に変化して、冷静な思考を妨げます。
「普段どおりなら、XX分あれば何問解けるはずだから、まだ大丈夫」と冷静になれるか、「もうあとXX分しかない!ヤバい!」と思うか。
どちらが勝ち組に近いか、言わなくてもわかりますよね。

編集後記

択一で足切りにかかっていることが明確なら、来年の勉強を始めたら良いと思いますが、「択一はできたけど、記述がダメダメだった」というパターンなら、まだ望みはあると思います。
既に受験界から離れた者が、試験問題も見ずにtwitterのタイムラインだけから無責任な記事を書いてしまいましたが、これから合格発表まで不安な気持ちで過ごすどなたかの心の支えになれば、と思って書きました。

関連記事

[司法書士試験]記述で総合合格点まで巻き返した私の記述対策を紹介します。

私が合格した平成25年の本試験にて、私の択一の成績は足切り点ギリギリでした。
記述問題が素直な問題だったので、記述問題で巻き返すことができました。
仮に平成25年に合格できず、平成26年の受験に回っていたら、私は合格できなかった可能性が高いでしょう。

司法書士試験は問題との相性という意味で、運もある程度関与する試験だと私は思っています。

なお、この記事では私の時間配分も紹介しています。
ベストな時間配分を作り上げるたたき台にでもしていただければ幸いです。

[司法書士試験]苦手分野の底上げを重視する – 合格への最短経路を走るべし

誰もが解ける問題を落とさないこと、これは勉強中の戦略としても重要だと思いますし、本番においても大事な心構えだと思っています。

[TaskChute]TaskChuteの魅力 – そもそもTaskChuteってどんなツール?

「時間を飼い慣らす」ということを考えた時、私の中で一番最初に頭に浮かぶのがTaskChuteというタスク管理ツールです。
司法書士試験において直接的に役に立つというものではありませんが、自分の時間の使い方を管理したい、という思いが少しでもあれば、齧ってみて損の無いツールです。
Excelの素養がある程度無いと、使いこなすまでに時間がかかるかもしれませんが、効果は保証致します。

【2014年7月10日追記】関連記事

自分の去年の本試験後を思い出す機会があったので、本試験から合格発表までを振り返るような記事を紹介してみましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました